tecoteco旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 近江鉄道に乗ってみた記

<<   作成日時 : 2016/07/01 00:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

近江鉄道は滋賀県内に60kmあまりの路線を持つローカル私鉄で、以前から機会があれば乗ってみたいと思っていましたが、沿線が旧中山道に並行していることもあって、4月始めの中山道歩きの時に初めて乗ることが出来ました。
その後、4月後半の愛知川から武佐まで歩いたあとに少し乗り鉄も出来たので紹介しますね。

近江鉄道の始発はJR東海道本線と新幹線・北陸本線が交わる米原駅で、新幹線と反対側の東口側に近江鉄道のホームがあります
画像


この日は東京から「ひかり503号」に乗って米原には9:44に到着。
新幹線の改札を出て近江鉄道の米原駅に行き、1日乗り放題の「ワンデイ・スマイルチケット」\880を購入しました。

ホームを見ると9:59発の彦根行きに1編成しかない転換クロスシートの700形「あかね号」が使われていたので、愛知川には次の電車でも良かったけど乗ってしまった(^^;
画像

米原を出発すると前回の歩きの時に使った鳥居本を通り、10分ほどで彦根に到着です。

彦根駅には車庫と工場があり「鉄道むすめ」と「パト電」がお昼寝中〜
画像

車両は元西武401系の800・820形で、近江鉄道の主力車両です。
近江鉄道は以前から西武鉄道の系列で、今年2月に完全子会社になりました。
現役車両は全車が元西武の車両で、車内や駅の広告に西武グループのものも掲示されています。

彦根では25分ほど待って10:36発の貴生川行き電車に愛知川まで乗車。
車両は800形で、高宮を過ぎると結構な距離を新幹線と並行して走ります
画像

まぁ出来たのは近江鉄道のほうがずっと前なんですが、田園地帯のほぼ直線区間で新幹線も通しやすかったのでしょう。

愛知川からは八日市線の武佐駅まで中山道を歩いて、15:17発の八日市行きに乗車して八日市に
画像

乗ったのは左側の100形で、右側の900形とともに元西武新101系の譲渡車です。
八日市からは本線の終点・貴生川に行こうとしましたが、次の電車まで40分ほど時間が空くので駅前の平和堂の中にあった喫茶店でお茶にしました

そして一休みしたあとは16:13発の貴生川行き800形に乗り、東海道の宿場町でもある水口などを通って16:55に終点の貴生川駅に到着しました。
貴生川駅はJR草津線と信楽高原鐵道との接続駅
画像

どちらもまだ乗ったことがないので、そのうち再訪します(^^;

貴生川では15分ほどで折り返し、17:11発八日市行きに乗車
画像


今来た道を戻って行きますが、行きに気になっていた日野駅で交換待ちの停車があったのでちょっと降りてみた
画像

日野駅は古い木造駅舎で、これも古いホーム上屋や構内踏切などレトロな雰囲気が満載の駅でした
画像

画像


その後は八日市で近江八幡行き820形に乗り換えて18:29着の近江八幡駅でこの日の乗り鉄は終了
画像

820形は西武401系の原型顔で、この編成は西武時代に似たイエロー単色だったので沿線の人には懐かしいのではないでしょうか。

街道歩きの余興で駆け足で乗って来た近江鉄道ですが、1日乗車券を使えば結構お得に楽しめるので、今度はゆっくり訪ねてみるのも良いかな〜と思っています。

さて、この記事でもまだ4月・・・次回はやっとGWのツーリング記に取り掛かれます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
近江鉄道に乗ってみた記 tecoteco旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる