tecoteco旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年 GWツーリング(2日目)

<<   作成日時 : 2016/07/15 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

初日に地元から650km以上離れた岡山県の津山でバイクのクラッチワイヤーが切れるトラブルに見舞われ、波乱の展開になってしまったこのツーリング・・・
レスキューされたバイク屋さんで幸いにも交換部品があり、ツーリングを続行出来ることになりました。

2日目(5/1):津山〜丹後半島
この日は津山から鳥取の若桜鉄道・隼駅に行き、その後は日本海側を走り丹後半島の京丹後市までの行程です。
バイクの部品交換を午前中には上げてもらえることになったのもですが、この日の移動距離がお昼スタートでも大丈夫だったのもラッキーでした。

前日の疲れを取るのもあって朝はゆっくりと・・・
ただ、走り出したら昼食の時間があるか分からないので朝食はガッツリと頂きました(^^;
チェックアウトしたのは9:30頃で、荷物はフロントに預かってもらい、とりあえず津山駅近くをブラブラと。。。
天気は快晴で、今日からは気温も高くなるとのことでした。

津山駅の駅舎は改装はされていますが、昔ながらの木造平屋の駅舎
画像

後方に見えるのが宿泊したホテルα-1津山です。

駅前からは大阪や京都方面に向かう中国道ハイウェイバスも発着しています
画像

以前、因美線を撮影した帰りはこのバスで新大阪まで行って新幹線に乗るのが一番便利で、何回か使ったな〜

そして10時を回った頃にバイク屋さんから修理完了の連絡が
どうやら朝一番から作業をして頂いたようです。
早速ホテルに行き荷物を引き取ってタクシーでお店に向かいました

お店に着いて修理の上がったグラディウスと再会
画像

これが交換になったクラッチワイヤー
画像

写真で見るとほつれているだけですが、中のどこかで切れていて繋がっていなかったと言ってました。

そして昨日と今朝朝一で修理を上げて頂いたお礼をして出発。
BIKE PLAZA STEPさんにはホント感謝しています
この場で改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました

津山から鳥取県に
BIKE PLAZA STEPさんを出発したのは11時ちょっと前で、まずは「隼駅」を目指します。
その前に、前日バイクが止まって最初に尋ねたバイク屋さんに立ち寄った所、この日から休みでお店は閉まっていました。。。
入口で声を掛けましたが留守だったようで、お礼の挨拶は出来ませんでした(後日、お礼の電話をしました)
その近くがホルモンうどんを食べた「橋野食堂」で、前を通ったらお店の人がちょうど外に出ていて「食べる?」と手招きをしていましたが、今日は勘弁ということで「また来ます」と言って移動しました。

今回のツーリングでは何となく宿泊地に選んだ津山ですが、色々な人に良くしてもらい印象に残る町になりました。
ただ通り過ぎるだけだった古い町並みや津山城址も見てみたいので、ぜひとも再訪したいと思っています。

津山の町からはまずR53に出てから、因美線沿いに鳥取県境に向かう県道6に入りました。
道は加茂川に沿って、徐々に山間部に入っていきます
画像

この道は2009年のGWツーリングでも通った道で、ローカルな雰囲気でのんびり走れますね〜

因美線沿いということで、まずは美作加茂駅に立ち寄り
画像

この美作加茂駅は急行「砂丘」も停車する駅で、腕木信号機も現役で活躍していましたが、今は無人駅になって閑散となってしまいました。。。
画像

昨年「にっぽん縦断こころ旅」でも紹介されて、このホームから火野さんが列車を見送っていました
画像

http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/route_2015autumn/20151009/index.html

続いてタブレット閉塞と急行「砂丘」が残っていた頃によく撮影した美作河井駅にも立ち寄り
画像

この駅は2009年のツーリングでも立ち寄っていますね
画像

この先は県境になる山間の駅で、通過する急行「砂丘」は走行中にタブレットの授受を行っていました
画像

画像


早く出発出来たおかげで懐かしい場所にも立ち寄れたあとは、県境の物見峠で岡山県から鳥取県に入ります
画像

県道6は因美線を撮りに行ってた頃よりはずいぶん良くなりましたが、この物見峠越えは1〜1.5車線の急坂・急カーブが続いています。

峠を下った智頭の町でR53に再会、ここからは少し時間を稼ぐために鳥取自動車道の無料区間を河原ICまで走り、県道324〜R482を通って隼駅に。

若桜鉄道・隼駅
R482から駅の標識に従って行くと、雰囲気のある木造駅舎の隼駅に到着〜
画像

駅舎は昭和4年の開業時からのもので、国の登録有形文化財にも指定されています。

待合室にはこんなものがw
画像

駅事務室内は売店になっていて、隼駅・バイクのハヤブサ・鉄道に関するグッズが売っていました。
売り物ではないですが、スズキ前会長・鈴木修さんのサインも
画像

そして駅前には聖地巡礼に来たスズキ・ハヤブサが何台か停まっていました(^^;
こちら、ハヤブサ以外のバイクですが同じ鈴菌乗りということで許してくださいw

その他、側線にはJR四国で使われていた12系客車と元北陸鉄道の電気機関車が留置されていて、ライダーハウスとして使われています
画像

客車の方向幕は当然「特急 はやぶさ」でした(^^;

で、色々見ているうちに鳥取行きの列車の時刻が近づいて来たので待つことに。
若桜鉄道にはこの春から「隼」ラッピングの気動車が走り始めたので、来ればラッキー
と思ったら、本当に「隼」ラッピングの車両がやって(・∀・)キター!!!!
画像

画像

この日は終点の若桜駅でSLがピンクに塗られるというイベントがあり、お客さんも多く乗っていました。
時間があればその若桜駅や沿線を回りたかったですが、隼駅で「隼」ラッピングの車両が見れたので満足です〜

山陰海岸から丹後半島に
隼駅を出たのは14時前、これから日本海沿いに出て丹後半島まではまだまだ距離があるので、停まる所を絞って走って行きたい所です。

まずはR29に出て鳥取市内手前まで行ってから県道323→県道43を通ってR178に入り、浦富海岸で日本海に出ました〜
画像

海沿いに出てからしばらく走ると鳥取県から兵庫県に入ります
画像

このルートも2009年のツーリングの時に通っていますが、県境付近はバイパスが出来たためか?国道から町道に変わっていました。

そして浜坂の町を抜けて余部鉄橋に到着
画像

長い間山陰本線の名所だった赤いトレッスル橋は2010年にコンクリート製の新橋梁に架け替えられて、橋の下には道の駅「あまるべ」が出来ました。

2009年に来た時は、架け替え工事たけなわの頃でした
画像

道の駅の前の広場(実質バイク駐輪場でしたが・・・)には、旧橋梁の橋桁の一部が保存されているほか、鉄橋自体も「空の駅」として餘部駅寄りの数十メートルが保存されています
画像

画像

「空の駅」は時間が押し気味だったので今回はパスしましたが、この区間の山陰本線は新橋梁になってから乗っていないので、次回は列車で来てみたいですね〜

余部鉄橋を出てからは、香住の町で給油してR178から海沿いを走る県道11に入り、城崎の手前で円山川を渡って丹後半島に向かいました。
前回は途中で道を間違えて内陸に入ってしまいましたが、今回はミスコースなく日本海からの眺めを堪能して走れました(^^;
画像

画像

今回通った鳥取から城崎までの日本海沿いのルートは、景色良し・道良しでお気に入りのツーリングコースなんですが、関東からだと何せ遠い。。。
関西エリアからは比較的近いので、そちらに住んでいる人がうらやましいですね〜(^^;

円山川を渡る港大橋のたもとで
画像

時間は17時を回り、日もだいぶ傾いて来ました。

そして10分ほど走ると兵庫県と京都府との県境の三原峠に
画像

この日はそれほど距離は走っていないけど、3回目の県境越えです。

2日目の宿泊地は丹後半島西側の間人(たいざ)という所で、久美浜の町でまたまたR178に合流するとあと少し、と思いきや結構距離がありました(^^;
間人の近くまで来たら、棚田の向こうに海が広がっている所がありました
画像

ちょっと雲は多めだったけど、棚田の水鏡と日本海に沈む夕日が素敵な風景に出会うことが出来ました〜
画像


そして18:30頃にこの日の宿「丹後温泉はしうど荘」に到着。
日帰り温泉とYHを併設している温泉宿ですが、泊まったのはシングルの部屋でした。
まずは海が見える露天風呂に行って汗を流してから、近くにある海鮮系の食堂で夕食
画像

食べたのは海鮮丼と看板にも出ていたへしこの浅漬け
画像

へしこはサバを糠漬けにしたもので、ここ丹後半島や若狭地方の伝統料理です。
軽く炙ったへしこは酒の肴にピッタリで、前日はさすがにしようと思わなかったけどこの日は軽く晩酌しました

2日目の走行は223km、ほぼ予定していたルートで走れて、津山のバイク屋さんが早く修理を上げてくれたことに感謝の1日でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年 GWツーリング(2日目) tecoteco旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる