tecoteco旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016.5〜6月のツーリング

<<   作成日時 : 2016/08/13 14:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世間はお盆休みを迎えて、高速道路の渋滞がニュースになっていますねぇ・・・
こちらは明日からしばらく出かける予定です。

今回は遅ればせながらですが初夏から梅雨前に行ったツーリングの模様を紹介していきたいと思います。

5/21〜22:茨城・福島ツーリング
中山道を歩いた翌週だったのですが、好天の予報と当週の「にっぽん縦断こころ旅」の放送が福島県だったのに誘われてしまいました(^^;

1日目、まずは常磐道で水戸北スマートICまで行きR123〜広域農道ビーフライン〜R118を通って福島県に入りました。

あれ福島に行くつもりが何故か北海道にワープ・・・なわけね〜べw
画像

R123沿いにあったセイコマで朝食と休憩を
画像

ホットシェフ店だったので店内調理のおにぎりと、コスパ抜群の\100パスタを頂きました。

途中、以前水郡線に乗った時に気になった下小川駅付近の沈下橋?に立ち寄り、久慈川の流れをしばし眺めたり・・・
画像

そして大子の町を過ぎて茨城・福島県境へ
画像

これよりみちのくに入りま〜す

次に立ち寄ったのは県境からR118を1時間ほど走った石川町
画像

JR磐城石川駅は駅名板が国鉄時代のままでなかなか良い感じ〜

石川町では5/18の「こころ旅」で紹介された石都々古和気神社へ
画像

画像

長い石段を上った所にある本殿にお参りしてきました。

石都々古和気神社の隣りにある町役場も昭和の香りを色濃く建物だったり
画像

その他、町の中には古い白看板の道路標識もあったり全体に昭和レトロを感じる町でした

石川町からはR118〜R4〜県道4〜県道9〜R49で一気に猪苗代湖へ
画像

画像

雲が出て来たものの磐梯山はきれいに見えていました。

猪苗代からは県道2〜R459を通り裏磐梯へ向かい、五色沼のひとつ毘沙門沼に立ち寄り
画像

裏磐梯は先日「ブラタモリ」で紹介されていましたね〜
ここで雨がぽつぽつと来たので雨雲を確認すると、結構降って来そうだったので慌てて移動・・・
この頃、先ほど通って来た郡山付近は雷雨だったようなので先に進んでおいて良かった。。。

裏磐梯ではもう少しゆっくりしたかったけど、雨雲を逃れるために喜多方までR459を走って行きました。
そして檜原湖沿いを走っている時にオドメーターが30,000kmに
画像

GWにはトラブルがありましたが、まだまだ元気でこれからも距離を伸ばしていきますよ。

喜多方に向かう途中には「会津一望の場所」という展望所が造られていました
画像

案内板にも書いてありましたが、国道沿いの木を伐採したら会津盆地を一望出来る場所が出来たそう。

喜多方まで行ったらやっぱりラーメン
時間はもう16時頃だったけどw住宅街にポツンと建つ小さなお店「食堂なまえ」に
画像

ここのラーメンは極太のちぢれ麺に透き通ったスープであっさり目、なんですんなりと頂きました〜

ラーメンを食べたあとは県道16を山都方面に向かい、ここでも以前写真を上げたことがある磐越西線の一ノ戸川橋梁(山都鉄橋)へ
画像

この鉄橋も5/17の「こころ旅」で紹介されていて、当日の新聞テレビ欄で「喜多方の鉄橋」と出ていただけでココだと確信しましたw

お便りは読まなかったけどw17時過ぎに通過する普通列車を撮影
画像

その後は宿に向かい1日目は終了。。。

2日目、泊まった宿は会津美里町の田んぼの中にあるYHで、朝食前に宿の周りを少し朝散歩^^
画像

画像

田植えしたばかりの田んぼの水鏡や、残雪の飯豊連峰の風景に朝から癒されました〜

宿の近くには只見線が走っていて、会津若松行きのキハ40も撮影
画像


この日はまずひと山越えた所にある大内宿に行って、白河あたりに抜けて帰ろうかと。。。
朝食後、宿を出発して県道23〜県道131を通って大内宿へ
画像

途中の氷玉峠付近には旧下野街道の道筋が残り、石畳などが現存しているとのことで、機会があったら歩いてみたいな〜
画像


茅葺き屋根の宿場町で人気の大内宿には9時半頃に到着しましたが、既に多くの観光客で賑わっていました
画像

大内宿はこれまで何度か訪ねていますが、今回初めて宿場を見渡せる裏山?に上ったら茅葺きの家並みの美しさに感動
画像

ちょっと遊んでモノクロの写真も撮ってみました〜
画像


大内宿からは県道329で湯野上温泉に出てから前日に引き続きR118を通り鳳坂峠へ
画像

途中には羽鳥湖を眺められる所もありました。
峠を下ったあとはR294に入り、道の駅「季の里天栄」で蕎麦を食べ、白河ICから東北道に乗って帰りました。

6/4:栃木・群馬ツーリング
6月に入り、梅雨になる前にどこか行きたいな〜と日帰りで出かけたのは北関東エリア。
しばらく走っていなかった金精峠を通って日光から沼田に抜けるルートで出かけてみることにしました。

まずは東北道館林ICからR354〜R122〜R50などを通り、桐生と間藤を結ぶわたらせ渓谷鉄道の上神梅駅へ
画像

有形文化財にも指定されている趣のある木造駅舎の駅ですが、実は立ち寄ったのは初めてでした。

上神梅駅からR122をしばらく走った花輪付近には、いまマイブームのレトロ自販機がある「丸美屋自販機コーナー」があります
画像

待合室風の鄙びた建物の感じが良いですね〜

中に入るとうどん・ラーメン自販機が何と3台と、トーストサンド自販機がありました
画像

よくテレビで紹介されて人気スポットになっていますが、価格が\250と他に比べて安いのもあるでしょう。
このあたりの名物「ひも川」も販売されていて、複数台配置のメリットをフルに活用していまいた(^^;

「ひも川」にも惹かれたけど、ここはオーソドックスな天ぷらうどんで。。。
画像

一見普通の自販機うどんですが、実は中に激辛青トウガラシが入っていて、知らずに食べるとウヮーとなりますw
今度は「ひも川」やラーメンも食べてみたいので、またツーリングで訪ねたいと思っています。

その後もR122を上がって行き、ここもレトロな木造駅舎が残る足尾駅に立ち寄り
画像

構内には足尾線時代に活躍していたキハ30気動車などが留置されています。
画像

足尾ではわたらせ渓谷鉄道の終点、間藤駅の先にある精錬所跡にも行ってみた
画像

10年前ぐらいに来た時はもっと施設が残っていたような気がしましたが、少しずつ解体も進んでいるのですかね

足尾からは日足トンネルを抜けて日光へ出てからR120いろは坂を上がり、明智平で一休みしてから奥日光へ向かいました
画像

そして中禅寺湖畔を通り戦場ヶ原へ
画像

ここまで来ると風と新緑の緑が爽やか〜

その先、湯本温泉を過ぎるとR120は金精峠への山道になります
画像

画像

峠道の途中からは湯ノ湖と男体山がきれいに見えました。

金精峠を短いトンネルで抜けると再び群馬県に、爽やかな風を浴びて山道を下っていくとあるのが「東洋のナイアガラ」と呼ばれる吹上の滝
画像

片品川がV字に落ち込む滝で、日本100名瀑にもなっています。

この先R120は沼田の市内に向かっていきますが、ここでいま大河ドラマで話題の沼田城址に寄ってみた(^^;
画像

真田氏の本拠地上田城址はドラマ放映が決まった一昨年でも多くの人が来ていましたが、こちらはのんびりとしましたね〜

沼田からはR17をしばらく走り、渋川伊香保ICから関越道に乗って帰りました。
途中で昨年のツーリングでも寄った、もつ煮で有名な「永井食堂」の前を通りますが、少し待てば入れそうだったので昨年に続きもつ煮を食べちゃいましたw
画像

画像


GWに続き、今回の2回も天候に恵まれて今年の春のツーリングは充実していましたね〜
この夏はロングツーリングの予定はありませんが、晩夏〜秋シーズンも何度か出かけられればと思っています

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016.5〜6月のツーリング tecoteco旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる