tecoteco旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東海道から北陸へ、ぐるり乗り鉄して来た記

<<   作成日時 : 2016/08/28 16:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月後半に日月で休みの日があったので、かねてからやってみたかった東海道新幹線〜高山本線〜北陸新幹線でぐるっと一周するルートで乗り鉄をして来ました
画像

この切符だと北陸新幹線は富山からですが、せっかくなので金沢〜富山間をプラスして始発の金沢から乗ることにしました。

1日目:東京〜名古屋〜富山
まずは東京8:10発の「のぞみ15号」で名古屋へ
画像

東海道新幹線は中山道歩きの後半は毎回使っていたので、今年に入って既に5回目ぐらいの乗車だったり(^^;

名古屋からは富山行きの特急「ワイドビューひだ7号」に乗り換え
画像

高山本線は以前に普通列車で乗り通したことはありますが、特急に乗るのは初めてです。

列車は出発の20分ぐらい前にホームに入線して来ました
画像

車両はキハ85系、JRになってからすぐに登場したからもう25年ぐらい経つんですね。

編成は7両で、3両が富山行き、残り4両が高山止まりの車両になります。
自由席が富山・高山編成合わせて2両と少ないので時間に余裕を持っていましたが、名古屋出発時点では半分ほどの乗車でした。

「ワイドビューひだ7号」は定刻10:48に新幹線700系と並走して名古屋駅を出発
画像

一路日本海側の富山を目指します。

まずは東海道本線を走行し、次の停車駅・岐阜で向きを変えて高山本線に入ります。
岐阜から美濃太田までは旧中山道と並行する区間で「ここ歩いたな〜」と見覚えのある景色が何度も現れる(^^;

鵜沼の手前では犬山城の姿も見えました
画像

美濃太田を出発後、名古屋で購入した駅弁でお昼
画像

「ワイドビュー」の愛称通り、大きな窓から車窓を楽しみながら昼間から一杯やれるのは列車の旅ならではですね〜
画像

途中、下呂に停車して宮峠をトンネルで抜けると列車は高山盆地に入ります
画像

そして13:10に列車は駅舎の建て替え工事もたけなわの高山に到着
画像

5分停車の間に高山止まりの後部4両を切り離して富山に向けて出発しますが、外国人の旅行者がかなり乗って来て席もかなり埋まったのは意外でした。

高山を出発した「ワイドビューひだ7号」は、飛騨古川を過ぎると宮川沿いの山間を走って行きます
画像

そして富山県に入った最初の駅・猪谷からはJR西日本の管轄になります。
猪谷駅のホームにはJR東海のキハ25気動車が停車中
画像

2012年に普通列車で高山本線を乗り通した時はキハ40系でしたが、JR東海の車両は先日全車引退しましたね。。。

猪谷からは途中、越中八尾〜速星と停車して、終着の富山には14:45の到着
画像

在来線の高架工事も進められている富山駅ですが、到着したのは地平ホームの4番線でした。
名古屋から約4時間、初めて乗ったキハ85は車内も快適でまだまだ現役でいけますね

この日は富山に泊まる訳ですが、まだ15時前で時間はまだまだあるので、まずは以前乗った時は夜だった富山ライトレールに乗ってみようかと。。。
富山駅北口のライトレール乗り場に行くと、富山市内の電車とバスに乗れる1日フリーきっぷ\820があったので購入
画像

この時間からでもライトレールの往復と、富山地鉄の電車かバスにちょこちょこっと乗れば元は取れそうです(^^;

さて、きっぷも購入したので停車していた岩瀬浜行き電車に乗車。
富山ライトレールは元JR富山港線を一部路面電車化して引き継いだ、日本初の本格的なLRT路線です。
今年で開業10年を迎え、すっかり地元の足になったようで多くのお客さんが乗っていました。

電車は富山駅北から20分ほどで終点の岩瀬浜駅に到着
画像

駅から少し歩くと海岸で、次の電車までのわずかな間に日本海を見てきた(^^;
画像

岩瀬浜から富山駅北に戻り、地下道を通り駅の南口に出ると北陸新幹線の開業に合わせて完成した富山地鉄市内線の乗り場から電車が出て来ました
画像

高架ホームからはちょうど北陸新幹線が出発するところで、なかなか近未来感が漂う風景ですね〜
在来線の高架工事が完成すると、先ほど乗って来た富山ライトレールとの直通運転も始まります。

ここで駅近くの宿にチェックインして荷物を置き、そのあとは富山地鉄のバスに15分ほど乗った国道41号沿いの回転寿司「きときと寿司」で軽くお寿司を
画像

寿司を食べたあとはまたまた富山駅に戻り、先ほどの新幹線下の乗り場から富山地鉄市内線のレトロな7000形電車に乗って南富山に行き、そして今度は鉄道線で電鉄富山に戻ってこの日の乗り鉄は終了
画像

画像

もっとのんびりすりゃいいのに色々歩き回ってしまった(^^;

そして夜食に富山ブラックラーメンを食べて1日目を締めました〜
画像


2日目:富山〜金沢〜東京
この日は富山から金沢まで高速バスで移動して、金沢で少し観光してから帰る予定で宿を出発。

月曜日の朝8時前、ラッシュ時の富山駅前にはバスと市内電車がひっきりなしに行き来していました
画像

画像

バスの並びで一番左の北陸鉄道の日野セレガ?が、これから乗車する8:00発金沢行きの車両です。

バスは定刻に富山駅を出発、総曲輪など町の中心部と富山ICまで数か所の停留所で座席がほぼ満席になって北陸道へ入りました。
富山駅〜金沢駅間は1時間ほどで在来線電車とほぼ同じ時間ながら、回数券を使うと片道\770と安いので通勤通学っぽい人が多かったですね。

渋滞もほとんどなくほぼ定刻に金沢駅前に到着したあとは、武蔵が辻〜香林坊と金沢市内中心部を通って終着の兼六園下バス停へ
画像

バスが兼六園の近くで終着だったので、兼六園と金沢城を見学してきました
画像

画像


兼六園に来たのはずいぶん久しぶりで夏は初めてだったけど、池や辰巳用水を利用した曲水など水の風景が涼やかでした〜
画像

画像

画像

以前「ブラタモリ」で紹介していた辰巳用水の水路と石管もありました(^^;
画像


金沢城では復元された菱櫓や五十間長屋などを見学
画像

画像

画像

金沢城址は以前は金沢大学の構内で、兼六園に隣接する石川門ぐらいしか印象になかったけど、今は色々な施設も整備されているんですね。

広い芝生の金沢城公園を抜けて黒門口から町中に出ると、すぐに近江町市場の裏口だった(^^;
画像

時間は11時頃だったので、少し早めに市場内の食事処で海鮮丼を
画像

前回来た時は年末の繁忙期で食事処も一杯だったので、その時のリベンジが出来ました(^^;

この日は暑い日でしたが、兼六園からのんびりと金沢駅までの散歩となりました
画像

そして金沢駅ナカでお土産などを買ってから、12:56発の北陸新幹線「はくたか564号」に乗車
画像

E7系は以前少しだけ乗ったことはありますが、落ち着いた配色の車内がなかなか良い雰囲気ですね
画像

「はくたか564号」は長野までは全駅に停車するタイプで、各駅で乗客を乗せていきながら東京へ向かって行きます。

糸魚川あたりでは日本海がすぐ近くに見えたり(曇っていてちょっと分かりずらいですが・・・)
画像

新幹線乗る時はやっぱコレが食べたくなります(実は行きにも食べたw)
画像

長野からは高崎・大宮と停車して15:46着の上野で下車
画像

金沢から3時間弱の快適な新幹線の旅でした〜

これで盆休みまでの記事は終わり。。。次回からは盆休み中の旅行を上げていきます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東海道から北陸へ、ぐるり乗り鉄して来た記 tecoteco旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる